毛アフターケアに関しまして断じて特別な事は日頃していないのですが、ともかく髪の事は気になります。洗浄は二種類を使っていて、高額クライアントのものを時々、さらにの方を日頃使っています。絶えず高額ものだと経済的ではないというだけではなくて、たまたま髪が慣れてしまって成果がなくなるような気がするので二種類を使っているのですが、他に何かしたくなり、キューティクルの事を検索していたらドライヤーの気持ちいいクライアントの風の事に行き着きました。
とうきのしずく最安値はどこ
ドライヤーは日頃温風の音が出る移植しか使った事がなかったのですが、冷風も本当に意味がありました。夏に温風の音だと暑い段階扱う物質ぐらいに考えていたのですが、それだけの役目ではなかったようです。
ともかく、自然体大まかに温風の音で髪を乾かしたら、そのあとに冷風を使うのです。髪の毛は温風の音を考えるといったキューティクルが解くそうで、そのままにしておくと傷みやすいとのこと。そのため温風の音で干すだけではなく、先々冷風を当てて髪を冷まし、キューティクルを閉じさせる必要があるそうです。
本当に冷風を使ってみたら髪に綺麗が出たように感じます。美容院では大前提なのかも知れませんが、私にとっては大発見でした。